社会人でも通える

介護職に就く、と一言に言ってもその道は様々に広がっています。老人介護施設で働くのか、病院に勤務するのか、在宅ケアワーカーとしての道を選ぶのか、そうした様々な選択肢を選ぶ事が出来るというのは幸せな事ですが、選ぶためにも資格の取得は必ず必要になります。

前述の通り介護職の仕事の中には、資格がなくとも従事することのできるものもあります。働きながら独学で勉強をして資格を取得する、という手も確かにあります。生活があるのですでに社会人として働いている方などは仕事を辞めるという訳にもいきません。ですが、専門学校の中にはそうした社会人の方向けの夜学もありますので、独学で勉強するよりかはそちらに入学して勉強するのが良いでしょう。夜学ですと実地で学ぶ事は出来ませんが、ロールプレイングやグループワークなどはありますので、独学では学べない事がこちらでも多く学ぶことが出来ます。

介護の仕事はツラく大変な事も多い業界です。改善しなくてはならない事もまだまだありますが、だからこそこれから成長していく業界でもあります。高齢化社会になるにつれて需要の増す介護の業界なので、これから目指そうと思われている方にはチャンスの多い業種だと思います。チャンスを掴むため、しっかりとした知識と資格を専門学校で取得してください。

授業内容とは

専門学校で学べることは実践的なことが多くあります。その中でも特に、と言うのがインターンシップでしょうか。在学中の段階で利用者との触れ合いが出来る為、就職する前にある程度の経験を積むことが出来ます。接し方であったり、介護職としての心構えを実地で学べるのはかなりの強みになる事でしょう。また、国家資格となる介護福祉士の合格について強いノウハウを持っていることが多く、試験対策や効率的な学習方法で受験を後押ししてくれる事も魅力になります。

介護の専門学校で良く行われる授業として、ロールプレイというものがあります。これは、生徒が利用者役と職員役に分かれ、介護する上で最も重要とも言える介護される側の気持ちを理解するための大切な授業です。また、そうした授業の後に行われるグループワークや口頭発表では、より深い理解を進められるでしょう。そうした専門学校で学んだ経験は実際に就職した時に大きく役立つはずです。

こうした事は絶対に自主学習だけでは手に入らない知識と経験ですので、独学のみで資格の取得を目指すのではなく、専門学校に通う事で知識と経験を同時に身に付けていただきたいと思います。また、どのような授業を受けられるのかは学校により違いがありますので、しっかりと確認してから入学の手続きを進めましょう。

各学校の特徴

介護士の資格を取得する方法は、自主学習・2~3年制の専門学校、短大・大学と方法があります。これは自主学習から大学に向かうほど掛かるお金が高くなります。お金を殆ど掛ける事が出来ない、という方は自主学習で何とかするしか無いと思いがちですが、そうした場合でもハローワークに行けば無料の講座や、条件付きの専門学校などがありますのでそうした物を利用すると良いでしょう。

何故専門学校が良いのか、と説明する前に専門・短大・大学の簡単な違いを説明します。専門は名前の通りその分野に特化した実践的、かつ専門的な学習がメインとなり、一般的な教養科目は少なくなっています。短大は専門程ではないにしても各分野の学習を掘り下げてはいますが、一般教養科目もそれなりに学ぶため広く浅く、といったイメージとなります。

大学は専門学校とは逆に、実践的というよりは学術的な研究がメインとなります。このような各学校の違いにより、介護士になる、と道が決まっている場合最短で安価に資格を取得でき、その分野についての詳しい知識を取得できるのが専門学校になるのです。短大や大学にはそれぞれの魅力があります。基本的には道が決まっているのであれば専門学校をおすすめしますが、様々な事を経験してどうしたいのかを決めたいというのであれば短大や大学も勿論いい場所でしょう。

続いては専門学校で学べることはどのような内容なのか、という事を説明します。

介護の資格と専門学校

日本に限らず世界各国でも高齢化社会は多く、対処の必要に迫られています。これからの社会を担う人材の減少も問題ですが、高齢化社会では介護職の需要が高まる事になり、需要と供給のバランスが上手く取れない事も問題となるでしょう。今後は介護職に対しての政府からの援助や、各企業による求人が増えるとは思われます。

何としてでも介護士の数を確保しない事には現場の人数に対しての要介護者数が増加し、一人あたりの負担が今まで以上に増加する事になり、その職環境から離職数が増え、また人手が足りなくなる。このようなループに陥ると誰も得をしないことは考えるまでもなく明白ですので政府等の賢明な対処が来る事でしょう。

さて、それではそんな介護の仕事に就くには資格が重要となってきます。介護業界の中には資格がなくとも働ける部分もあります。ですが、資格がないというのはイコールで知識がないのと同じです。無論知識がなくとも経験や気持ちで何とかできる、という意見がある事も重々分かりますが、現実的に経験を得るには年数が必要になり、気持ちだけでは補えない部分は多くあるでしょう。そもそも、就職するにあたっては戦力となる事を期待されて給料を払われているので、知識を持っているという証である資格を取得している事は大きなアドバンテージになります。

資格の取得にはいくつかの方法がありますが、このページでは専門学校に通って資格を取得する、という方法をおすすめします。次の項からは専門学校に通って資格を取得する事についてのメリットを説明します。