各学校の特徴


介護士の資格を取得する方法は、自主学習・2~3年制の専門学校、短大・大学と方法があります。これは自主学習から大学に向かうほど掛かるお金が高くなります。お金を殆ど掛ける事が出来ない、という方は自主学習で何とかするしか無いと思いがちですが、そうした場合でもハローワークに行けば無料の講座や、条件付きの専門学校などがありますのでそうした物を利用すると良いでしょう。

何故専門学校が良いのか、と説明する前に専門・短大・大学の簡単な違いを説明します。専門は名前の通りその分野に特化した実践的、かつ専門的な学習がメインとなり、一般的な教養科目は少なくなっています。短大は専門程ではないにしても各分野の学習を掘り下げてはいますが、一般教養科目もそれなりに学ぶため広く浅く、といったイメージとなります。

大学は専門学校とは逆に、実践的というよりは学術的な研究がメインとなります。このような各学校の違いにより、介護士になる、と道が決まっている場合最短で安価に資格を取得でき、その分野についての詳しい知識を取得できるのが専門学校になるのです。短大や大学にはそれぞれの魅力があります。基本的には道が決まっているのであれば専門学校をおすすめしますが、様々な事を経験してどうしたいのかを決めたいというのであれば短大や大学も勿論いい場所でしょう。

続いては専門学校で学べることはどのような内容なのか、という事を説明します。